合宿免許の食事

合宿免許は約2週間滞在するため、その間の食事も楽しみのひとつでしょう。すべての食事を合宿施設で食べる予定の方は、食事の質や量などもチェックしておきたいものです。合宿免許の食事は、朝と夕食付プランのものや、1日3食付いてくるプラン、3食すべて自炊から選ぶことができます。栄養バランスに気を付けたい方や、合宿での食事も楽しみにしている方は、提供される食事の回数が多いものにしましょう。

朝食はご飯、味噌汁、焼き魚、目玉焼きなど、一般的な朝食メニューが食べられます。自動車学校によっては、毎朝焼き立てのパンを提供してくれるところや、地元の炊き立てごはんが目玉となる施設、朝からしっかり食べられるブッフェ形式などバリエーションが豊です。朝からがっつり食べる方で、量にこだわりたい方はブッフェ形式を採用している自動車学校を選びましょう。

昼食は合宿所と教習所が併設している場合は戻って食べることができますが、離れている場合は教習所内の食堂で食べることになります。3食付きの場合は併設施設このことが多く、朝食と夕食のみのプランでは離れている可能性があるためチェックしておきましょう。教習所内の食堂は、合宿免許に訪れている人以外も利用するため、時間帯によっては混み合うことが予想されます。

夕食はブッフェタイプから、新鮮な野菜を使った料理、シェフが作ったこだわり食事などが提供されています。食事にこだわって選びたい方は、どんなメニューが食べられるか気になるでしょう。選ぶポイントを紹介します。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket